アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
なべたか的MyBoom
ブログ紹介
今更という感じではありますが、Blogを始めました。とりあえず自分の趣味や世の中の出来事で興味のある事について、気が向いたら書き込んでいこうと思います。
zoom RSS

第1回 松本マラソン(後編)

2017/10/15 23:56
※前編からの続きです。

大会当日、5時に起き、前日の夜の内にコンビニで買ったおにぎりを食べて、朝6時前に松本駅に行き、大会のスタート会場へのシャトルバスに乗ります。
画像


スターtト会場に到着し着替え&荷物預けを終えた後、当日待ち合わせを約束したメンバーと合流して集合写真をパチリ
画像

画像


集合写真も撮って、各自スタート地点に移動。私は遅いので最後尾のブロックに移動。そして8時30分にスタート。でも最後尾にいるとスタートの号砲がなってもすぐに走りだす事ができません。結局本来のスタートラインに到達したのは、号砲が鳴ってから12分後。
画像


今回のコース図(GPSによる実測)はこちら
画像


スタートしてから何となく腹の調子がおかしく、トイレに立ち寄りたい気分。早い段階でコンビニのトイレを借りて用を済ませた方がいいかな、と思いスタートから2km付近でコンビニに立ち寄りトイレを済ませようとしたら、同じ事を考えているランナーで行列ができている...。トイレを済ませたら、最後尾の大会車両も過ぎ去っていて、下手すると最初の5km手前の関門に引っかかるかもしれない。キロ7分イーブンで走って後半まで体力を残すプランだったのに、関門に引っかかっては元も子もないので、最初の関門を通過するまではキロ5分台までペースで上げて何とか最初の関門を通過。その後も勢いがついたせいかキロ6分半〜7分のペースで中間点まで走りました。

15kmの折り返し地点
画像

20km手前の橋の上から
画像

中間点
画像

コース脇にはリンゴ畑
画像

中間点を過ぎるとエイドで食べ物が出ます。やはり長野と言えばリンゴでしょう。
画像


中間点を過ぎたあたりでは、当初のプラン通りのタイムに追いついていたのですが、その後燃え尽き症候群状態になってしまい、更に少しづつ痙攣の予兆らしい筋肉痛が下半身に忍びよって来る始末。こうなると昨年のつくばの悪夢の再現が頭をよぎり、「いつリタイアしようかな」の思いが頭を駆け巡ります。でも「関門に引っ掛かったらそれまでよ」と開き直り、足と相談しながらエイドではスポンジやかぶり水で足を冷やし、少し痛みが強くなりかかったら、ラン&ウォークに切り替え騙し騙し走りました。そうしたらタイムの貯金が無くなり、39km付近の関門で残り2分、41km関門では残り15秒でクリア。この41km関門をクリアしたら、完走扱いにすると言うので、この関門は一旦抜いて行った最後尾の大会車両を必死で抜き返しました。(^_^;)
その後はゴールの陸上競技場までひたすらウォーキング。でもゴール手前で大会ゲストの西谷綾子さんのハイタッチに続いて同じくゲストの森野麻美さんが手を繋いでゴールしてくれたのは、いい思い出になりました。
それでタイムはネットでは5.5時間は切っているのですが、グロスは5.5時間を3分オーバー。お情けでメダルとタオルを頂きました。
画像

後半はグダグダです。よくも完走できたものだ、と自分でも不思議です。
画像

完走した後にもらった物一式
画像


次回の大会は11月に横浜の米軍基地内で行われる大会で10kmの部に参加します。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


第1回 松本マラソン(前編)

2017/10/15 23:55
 10月1日に長野県松本市で開催された「第1回 松本マラソン」に参加しました。長野県で開催されるという事は、我が家からだと日帰り参加はできないので、前日入りとなります。そして前日入りするならちょっとは観光したいと思い、大会前日(9/30)の10時55分・新宿発の高速バスに乗って、松本入り。

バスの車内から見た新宿バスタ内の停留所
画像


休憩地点になる中央高速・双葉SA
画像


予定では14時13分に到着のはずでしたが、渋滞に巻き込まれ、30分程遅れて松本に到着
画像

松本駅前には、マラソンの案内所が設置されており、ちょっとしたイベントも催されていました。
画像


松本駅の近くに予約したホテルにチェックインし、松本市内観光です。
画像

松本に来たら、何といっても松本城に行かないと。
画像

画像

松本城公園では、月見の宴を行っているようでした。
画像

城内から見た松本市内
画像

天守閣の天井に注連縄が。
画像

場内の階段はかなり急でした。
画像


結局、観光といっても、余り時間がなく松本城を見るのが精一杯でした。
その後地元のRun友のお誘いで、松本マラソンに参加する人たちが集まった飲み会に参加し、楽しいひと時を過ごしました。

さぁ、翌日は大会本番です。
※後編に続く。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


第23回 小金井公園 5時間走・フルマラソン大会

2017/09/18 17:48
 9月9日(土)に、小金井公園で開催された「第23回 小金井公園 5時間走・フルマラソン大会」に参加しました。場所はこちらです。


 今回この大会に参加した理由ですが、10月に開催される松本マラソンに向けての練習走が大きな理由です。一般には「フルマラソンの大会前に30km以上は走っておいた方が良い」と言われてますが、私の場合は普段の練習で30kmを走るだけの時間が中々確保ができないので、松本マラソンの1ヶ月前を目安に練習目的で出られる大会をいくつかピックアップし、その上で自分の予定と照らし合わせた上で、この大会に決めました。

 会場には6時過ぎに到着し、ゼッケンと参加賞を受け取ります。荷物は、事務局が敷いたブルーシートの上に置いてよいとの事だったので、そこに置かせてもらいます。でも事務局が荷物管理している訳ではないので、貴重品や身分証明の類だけは身に着けて走ります。(これは最低限の予防策。いざとなったら、着の身着のままで帰れるように。)
画像

画像


 コースは1周5kmの周回コースで、フルマラソンの人は8週+2.195kmでゴール、5時間走の人は2.195km+周回コースを5時間以内に好きなだけ走る形になります。(GPSにコース実測図はこちら)
画像


 7時にスタート地点に集合し、開会式が行われました。しかしこの日の事務局からの挨拶で「Jアラートが発令されたら・・・」の説明があった時には、心の中で苦笑してしまいました。

 7時15分スタート。この大会はフルマラソンの部と5時間走の部の人が同時にスタートとなり、ペースメーカーも付きます。フルマラソン向けには3時間向けと3.5時間向けが、5時間走向けにはキロ6分のペースメーカが付きました。でも私の今回のプランは
 ・キロ7分イーブン
 ・30km以上を最低限走り、それ以上は身体の具合次第
と考えていたので、ペースメーカのお世話にはなりませんでした。
画像

画像

画像


 走り始めは割と涼しく気持ちよく走れましたが、その弊害で想定よりペースが速くキロ6分台前半が15km以上続きます。ハーフマラソンならこのペースでもいいのですが、今回はフルマラソンを想定した30km走なので、何とかしてペース落とすべく、スローテンポな曲を鼻歌歌ってみたりしたのですが、中々ぺースが落ちない。案の定25kmぐらいから、勝手にペースが落ちてきて、逆にペースを上げようとしてもペースが上がらず、むしろ歩きが混じってしまう始末。それと今年に入ってずっと悩まされている腰の痛みが今回も走りだしてきたので、何とか30kmを越した所でゴール。記録証は電光掲示板に表示されたタイムを自己申告して自筆で記入します。エントリーフィーも安いですし、公認大会でもない練習走と思えば、こういう記録の残し方もあっていいかな、と思います。
画像

画像


 その代わり、エイドは充実していると思いました。コース上に2ヶ所あり、その内の1つは給食も準備されており、バナナ、梨、レモン、あんぱん、蒸しパン等を食べる事ができました。そしてまだ残暑厳しい時期の開催という事で水被りのサービスも嬉しかったです。地元の走友会が主催している手作り感満載の大会、という感じでした。
画像


さあ、次の大会はは冒頭にも書きました、松本マラソンでフルの距離を走ります。何とかDNFにならないようにしたいと思います。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


100均グッズでワラーチ作成

2017/08/17 23:14
 最近、ベアフットラン(裸足ラン)が流行っているようです。といっても本当に裸足で走るのではなく、ワラーチと呼ばれる手作りのサンダルを履いて走るのが主流みたいで、実際にマラソンの大会でワラーチを履いて走っている人を見かけます。 という事で私もネット上で作り方を調べて、見よう見まねでワラーチを作ってみました。

1.材料
 ※100均ショップで入手可能なグッズで揃えて見ました。
 ・EVAマット(30cm四方)
 ・合成皮革
 ・カラー紐 or 荷物締め用ベルト
 ・接着剤

画像


2.作り方
(1)EVAマットに合成皮革を接着剤で貼り付けます。
画像


(2)足のサイズに合わせてマットを切ります。私の場合、足のサイズが25.5センチなので、(1)で作ったマットが1枚で足りましたが、足が大きい人は2枚必要です。
画像


(3)合成皮革を付けた側に足を載せて、マジックで足型を取ります。合わせて鼻緒に当たる箇所の位置取りも決めます。
画像


(4)足型に合わせて、ハサミで切り取ります。
画像


(5)ポンチを使ってマットに穴を4ヶ所開けます。
画像


(6)紐に大きく結び目を作り、写真にある通りに紐を通します。
画像
画像


(7)鼻緒の部分から通した紐を、足の外側に開けた穴に上から通し、外側に回した後に鼻緒からかかる紐の下に潜らせます。
画像


(8)足の外側から回した紐を踵→足の内側に回し、内側に開けた穴に上から通し、内側に回した後に踵から回した紐の下を潜らせます。
画像


(9)内側の穴から通した紐を鼻緒から回した紐の下に潜らせた後に、折り返すようにして足の内側に持っていって、紐を結びます。
画像


(10)紐が余った部分は適当に足首に巻き付ける等して、邪魔にならないようにします。余り長すぎるようなら紐を切ってしまっても構いません。
画像


 オーソドックスなワラーチの作り方の説明をしたサイトでは真田紐を使っていますが、さすがに100均ショップで真田紐が手に入らなかったので、真田紐の代わりに幅広の紐状の物として最初は紐代わりに荷物締め用ベルトを使用していました。ただ、ベルトだと今一つ柔軟性に欠け肌触りもしっくり来なかったので、結局はカラー紐にしました。

今のところ、自分の脚力からして10kmぐらいのジョギングなら耐えられるかと思います。ハーフの距離まで耐えられるかどうかは、今後試してみたいと思います。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


第23回所沢8時間耐久レース

2017/07/09 23:19
 昨年に引き続き、7/2(日)の所沢市にある航空記念公園で開催された「第23回所沢8時間耐久レース」に参加しました。会場はこちらになります。


 昨年は電車で会場入りしましたが、今年はマイカーで行きました。この大会は事務局側で荷物預かりのサービスは行っていないために荷物は個人管理となりますが、一人で参加すると安全に荷物を管理するにはどうすればいいか、の問題にぶち当たってしまいます。昨年は事務局の方に無理言って、事務局のエリアの隅に荷物を置かせてもらいましたが、今年はマイカーで会場まで行って、マイカーに荷物置き場にしました。その分駐車料金がかかってしまいますが、仕方ありません。
 という事で会場に出来るだけ近い公園の駐車場を確保するために、朝6時半前に公園に行って会場に一番近い駐車場を確保しました。

 ※下の写真は駐車場から見える公園の風景です。
画像


 7時半になって貴重品預かり及び参加賞受け取りが始まったら、スタートに向けての準備をします。

先ずは貴重品預かり
画像

この大会はマイカップ持参なので、エイドステーションの決められた場所にマイカップを置きます。
画像

スタート&ゴール地点。朝から本当にいい天気...。
画像

スタート地点を通過する度に、自分が何周したかを、このディスプレイで確認する事ができます。
画像

シャワーの準備です。
画像


 8時半から開会式です。

大会主催者の挨拶です。
画像

所沢市長の挨拶です。
画像

臨戦態勢、整いました。
画像

シューズには計測チップを付けます。
画像


 9時スタートです。

結構、人がいます。
画像

今回のコース(GPS実測)です。1周3.246kmで13周するとフルマラソン相当の距離になります。
画像

公園内に咲く紫陽花です。
画像

公園内に咲く向日葵です。去年はもっと咲いていたような気がします。
画像

シャワーガールのお姉様方です。
画像


 そして、この大会のお楽しみでもあるエイドでの補給食です。昨年に比べて全然食べてない...。

先ずはかき氷。
画像

おにぎりです。
画像

うどんです。
画像

そしてカレーライスです。これが最後の一杯だったとか...。
画像

他にも、スイカ、メロン、プチトマト、梅干し等が出てました。

 昨年は7時間30分余りかけて44.5km(公園を14周)走りましたが、今年は10km過ぎたあたりから走ると右足親指爪先がシューズに当たり痛みを感じるようになり、走り続けるのがままならなくなりました。それで今回は8時間かけての完走は諦め、30km過ぎた時点で終了しました。

一応、記録証です。
画像


右足親指が痛いな、と思い靴を脱いだら、親指の付け根が内出血してました。やはり途中リタイヤして正解でした。
画像


何でシューズと足が合わなくなったのかは不明です。次回の大会は9月に小金井公園で5時間走です。今回の結果を反省して、次回の大会に備えたいと思います。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


RaspberryPiを利用してメディアプレイヤーを作成

2017/06/10 22:52
 PCに格納してあるビデオファイルをリビングにあるテレビで視聴したいために、RaspberryPiを使ってメディアプレイヤーを作成しました。

0.RaspberryPiって何?
 簡単に言えばボード型の小型コンピュータです。LinuxベースのOSをインストールすると、色々な事ができます。
※RaspberryPiの歴史や詳細な仕様はこちら

1.購入と組み立て
 Amazonでも購入可能ですが、私は電子部品関係で信頼がおける秋月電子通商の通販で以下の部品を購入しました。
 ・RaspberryPi本体
 ・本体収納ケース
 ・USB-ACアダプタ
 ・MicroUSBケーブル
画像


本体(ボード)表面
画像

本体(ボード)裏面
画像

BOX分解状態
画像


本体をBOXに組み込むとこんな感じになります。
画像

画像



他に必要なのは、
 (a)microSDカード
 (b)USBキーボード
 (c)USBマウス
 (d)表示用モニタ
ですが、(a)は過去に使っていた32GBタイプのものを流用、(b)(c)はタブレットPC用に使っているもの、(d)はメインのデスクトップPCのサブモニタに使っているものをそれぞれ一時的に利用しました。

2.OSとLIBREELECのインストール
 RaspberryPiにOSをインストールする手段として、今回は「noobs」を利用しました。
具体的な手順はこちらのページを参考にしました。

Raspberry Piでやってみた

簡単に説明すると、
 (1)Raspberyy Piの公式ページから「noobs」が入ったzipファイルをダウンロードして、microSDカード上に展開
画像

 (2)RaspberryPiにmicroSDカード、キーボード、マウス、モニタを繋げて、電源を入れる。自動的にOSインストール画面が表示。
画像


 (3)自動でインストール画面が起動し、その際にOSを選ぶ事ができるので「LIBREELEC」を選択
画像


ここまで行うとOSインストールを開始します。OSインストールが終わると、LIBREELECの画面が表示されるので、各種設定を行います。

3.日本語表示、Bluetooth、LANの設定
LIBREELECの設定を開始
画像


フォントを日本語対応している「arial」に変更。
画像

言語(Language)はとりあえずEnglishのままにし、その他の地域(Regional)設定は東京地域に設定。
画像

既定値でbluetoothは無効になっています。
画像

bluetoothを有効にします。
画像

bluetoothを有効にすると、デバイスを検索しにいきます。
画像

リモコン代わりに小型のBluetoothキーボードを使う事にしました。
画像


我が家の無線LANルータはMACアドレスで接続制限をしているので、Raspberry PiのMACアドレスを確認して、ルータに登録します。
画像


4.実際に設置
 メディアプレイヤーとしての設定が終わった後に、実際にリビングの液晶テレビに接続します。
※下の写真上の囲んだ所に、Raspberry Piを繋いで置きました。
画像

拡大するとこんな感じです。
画像

何とか、完了。
画像


 MPEG4の映像は、無線LAN経由でもストレスなく表示されますが、MPEG2の映像はファイルサイズが大きいせいか、有線LANでないとカクカクしたり、途中にフリーズします。

 これで、一人でリビングにいる時にPC上にため込んだ動画をTVで見られるようになりました。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


第37回スポニチ山中湖ロードレース

2017/06/03 23:08
5月28日(日)に山梨県山中湖村で行われた「第37回スポニチ山中湖ロードレース」に参加しました。
会場はこちらです。


 会場までの交通手段として朝5時過ぎに出発する新宿から会場までのマラソンバスを予約しましたが、このバスに乗るために、朝3時半過ぎに起床し、自転車に乗って最寄の中央線の駅までひとっ走りして始発に乗る、という強行スケジュールを敢行しました。

先ずは最寄駅近くの駐輪場に自転車を預けます。
画像

何とか中央線始発に間に合いました。
画像


無事に新宿に到着。この日は日本ダービーの開催日でもあります。
画像


無事、新宿発のマラソンバス乗り場に到着。
画像
画像


バスに乗ってしまえば、後はバスの運転手に任せて会場入り。5時半前に出発して大会会場近くの山中湖村役場に到着したのは7時ちょっと過ぎ。そこから少し歩いて大会会場の山中湖中学校に到着。
画像
画像
画像
画像


Facebookで知り合ったラン仲間と合流し、記念写真(シューズ円陣)を撮影。
画像


この大会はハーフマラソンと湖畔一周の2部門に分かれていて、私は湖畔一周の部に出場しました。

スタート地点の様子です。
画像

スタートライン上に設置されたゴンドラ。ゲストの瀬古利彦さんのトークが炸裂!!
画像

9時30分に湖畔一周の部がスタート。花火も上がっています。
画像

山中湖を眺めながら走るのは気持ちいいですが、当日は富士山周辺が曇っていたために、富士山の姿は拝めず。
画像

スタート前のトークで瀬古さんが「高地トレーニング」と言った意味が何となく解ります。
画像

ラン仲間が沿道で応援してくれました。
画像


因みに今回のコース(GPSウォッチによる実測)はこちら。湖畔一周は13.6kmとの事。
画像

何とか1時間30分以内にゴールしました。
画像


ゴール後は豚汁の無料サービス。暑い時に熱いモノ食べるなんて、と思うけど走り終わった後であれば、暑くても美味しいんです。
画像


レース終了後に、ラン仲間と集まって、吉田の肉うどんを堪能。
画像


日帰り強行軍でしたが、楽しい一日でした。次の大会は7月初めに、所沢の航空公園で8時間耐久レースです。暑くならないといいなぁ...。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


日光でいちご狩り&かき氷

2017/05/04 21:14
 日光の天然氷で作ったかき氷を食べるために、妻と一緒に日帰りドライブしてきました。そのついでにイチゴ狩りもしてきました。

 先ずはイチゴ狩りをするために、「日光ストロベリーファーム」に行きました。
画像


 イチゴ狩りのハウスの中です。
画像

画像

画像
画像


 イチゴ狩りが終わったら、今回の大本命のかき氷を食べに、昨夏に訪れた「珈茶話」に行きました。
※ここのマスターとはRun友だったりします。
画像


 昼食にパスタとピザを頼み、食後のデザートにかき氷とカフェラテを注文しました。

生とちおとめ練乳味
画像

抹茶味
画像

ラテアート。テーマは西東京市のゆるキャラ「いこいーな」
画像

店内にて
画像


 帰りに宇都宮餃子を買って無事帰宅しました。
画像

画像

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ガラケー(N-01E)からガラホ(SH-01J)に機種変

2017/04/08 17:20
私は普段からガラケー(N-01E)とスマホ(Acer Liquid Z530)の2台持ちで運用しており、
 ・ガラケーはdocomoと契約し、通常の電話連絡やおサイフケータイに使用
 ・スマホはBIGLOBE・SIMを挿して、SNSのチェックやネット検索用に使用
といった使い分けをしています。

 ところがdocomoがガラケーの新機種開発を終了を宣言したために、今後ガラケーをスマホに変えようかどうしようか、思案していましたが、昨年(2016年)の10月にdocomoがAndroidベースの携帯電話(通称:ガラホ)の提供を開始したため、今回思い切って機種変更に踏み切りました。

 ただ機種変更するといっても事前準備や対策が必要ですので、今回の対応内容を備忘録として残しておきます。

1.おサイフケータイの事前対応
 ガラケーでは、おサイフケータイとして以下のアプリを利用してました。
  (1)楽天Edy
  (2)ヨドバシゴールドポイント
  (3)ANAマイレージ
  (4)WAON
 この内、ガラホで正式に対応をうたっているのは(1)と(2)のみ、(3)はガラホではアプリが不要でANAのサイトにガラホから登録すれば使えそう、(4)は少し細工をすれば利用可能らしいのですがdocomoの動作保証外なのでトラブルが起きても自己責任になるので問題あり。
 という事で、今回の機種変更のためにWAONは退会し(1)〜(3)に絞りました。

 購入前日までにガラケー側で実施する作業として、
  (1)楽天Edyは、Edy残高を楽天Edyオンラインに退避
  (2)ヨドバシゴールドポイントとANAマイレージは、アプリ側に登録されているユーザ情報の削除
を実施しました
 機種変更に伴う作業の具体的な手順は以下のサイトを参考にしました。
  楽天Edy
  ヨドバシゴールドポイント
  ANAマイレージ

2.実際に機種変更
 近所のdocomoショップにお目当ての機種であるSH-01Jを予約しておき、docomoショップで機種変更とそれに伴う契約変更の手続きを行います。特にSIMの形状がガラケーではmicroSIMだったのが、ガラホではnanoSIMに変わるので、docomoショップで対応してもらった方が安心感があります。

さようなら、ガラケー(N-01E)・・・。
画像

こんにちは、ガラホ(SH-01J)!!
画像


SIMの変更が完了してガラホでの通信ができるようになったら、ガラケーからガラホへのデータ移行を実施します。これはdocomoショップ内にデータ移行用の装置を使わせてもらい、画面の指示に従って作業をするだけです。私の場合、正味20〜30分ぐらいでしょうか?
画像


3.ガラホでおサイフケータイを使えるようにする。
 先程の1.で参考にしたサイトを参考に、機種変更後の対応作業をします。

・メニューから「おサイフケータイ」を選択
画像

・「楽天Edy」「ゴールドポイントカード」はアプリ上で対応
画像


ANAマイレージはEdyアプリ内から、ANAのサイトを呼び出して、ユーザー情報を登録する事で対応完了。

とりあえずこれで様子見です。それからガラホならではの使い方がいくつかありそうなので、しばらく遊べそうです。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


練馬こぶしハーフマラソン2017

2017/04/02 20:30
3/26(日)に東京都練馬区で開催された「練馬こぶしハーフマラソン2017」に参加しました。
会場はこちらです。


過去2回この大会に参加し、天気も良くお花見ランを堪能してきましたが、今回は朝から雨が降っていて、ソメイヨシノも3分咲と言えるかどうかの状態でした。
画像

画像


この大会、CATVの生中継もありました。写真に写っているのは元巨人軍投手の宮本さんでスタート時にはランナーにハイタッチして見送ってくれました。
画像


開会式(スタート前)の様子。放送でゲストランナーの谷川真理さん、藤原新さん、吉田香織さんの挨拶が流れていましたが、遠いエリアなので姿は拝めず...。
画像

ここ最近出た大会はFacebookのラン友に会場で会えたのですが、今回は単独参加です。
画像


午前8時にスタート。今回のコースの一番の特徴は、開園前のとしまえんの中を走れる事でしょう。マラソンコースの中に遊園地が入っている大会なんて、かなり珍しいのではないでしょうか?
画像

画像


コース終盤の団地内で、昨年は桜の花がきれいに咲いていたのですが、今年は今一つです。
画像

画像


因みに今回のコース(GPSウォッチによる実測)はこちら
画像


結果は2時間13分40秒と、前回よりタイムがかかってしまいました。1月のフロストバイトロードレースの直後から左太腿裏に違和感を感じており、余り無理をせずに完走できれば良しと思っていたので、それを考えれば、まあまあのタイムだと思います。
画像


ゴール後はこの大会恒例のサービスである「すずしろ汁」を頂きました。特にこの日は冬の寒さに戻ったような気温だったので、本当に体が温まりました。
画像


次に出場する大会は5月末に行われる「山中湖ロードレース」で湖畔1周(13.6km)を走って来ます。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


太陽光発電システムから電気が取れない時の対応

2017/03/04 12:20
 自作で太陽光発電システムを5年程運用している。自作なので家庭内の電気を賄うレベルではなく、主にスマホやケータイに充電用にするために使っている。

※自作の様子はこちら(その1その2

 しかしながら5年も運用していると色々とトラブルも発生する。先日、充電をしようとしたら、電気が供給される気配がない。慌てずテスターを使って、どこまで電気が通じているかを確認する。今回は屋上に設置しているシステムから、電線につないでいるコンセントに問題があるところまで突き止めた。
画像


コンセントを開くと、見事に内部が劣化している。
画像

画像


原因が判明したので、近所の電気屋に行って新しいコンセントを購入し、問題のコンセントと取り換えた後にテスターで再測定。
画像


無事に復活し、現在も問題なく運用中。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


第51回青梅マラソン

2017/02/27 00:06
 4年ぶりに青梅マラソン(30kmの部)に出場しました。前回は妻が応援のために一緒についてきてくれましたが、今回は家庭の事情で一人で参加ですが、代わりにFacebookのグループの仲間とスタート前に受付会場で待ち合わせて、写真を撮ろうという事になりました。

 では、当日の風景です。

 河辺駅の階段。一年で一番、駅が混雑する日だとか。
画像


 受付会場の河辺小学校です。
画像

 場所はこちら。


 受付会場でグループの仲間を見つけ、お約束のシューズ円陣を組みました。
画像
画像


 シューズ円陣を組んだ後スタート地点に移動し、11:30にスタート。
画像

 かなり後方からのスタートなので、本来のスタートラインに到達するまで10分以上かかります。
画像

 今回のスターターボックスでは、Qちゃんこと高橋尚子さんと篠原ともえさんがお出迎え
画像


 このスタートラインを越えてから、本格的にスタートです。実は今回、左太腿裏の凝りというか張りが取れなかったため、とりあえず制限時間内に完走、上手くいけば前回走った時のタイム(3h31m3s)を上回れば儲けものぐらいのつもりでいました。
 それと今回は「Qちゃんとのハイタッチ」「箱根駅伝の山の神・神野選手の雄姿を撮る」事を楽しみにしてました。

※以降レース中の光景
・Qちゃんが最後方からスタートしてランナーにハイタッチしながら追い抜き
画像

・神野選手がトップから3番目に通過
画像

・折り返し地点です。
画像

・20km地点の公式エイドで配られていた「ゆずまんじゅう」。多分この大会で食べ物が公式エイドで出されるのは初めてだと思います。
画像

・折り返してからの下りの風景です。
画像

・フィニッシュ地点直前でQちゃんがお出迎え。
画像


結局のところ、タイムは3h42m1sと、前回より10分以上かかってのゴールとなりました。今までだとハーフ以上の大会に出場する時は、事前に3時間走等行って耐性を作っておくのですが、今回はそこまで出来なかったので、結果としては致し方無しです。
画像


 次の大会は3月下旬に行われる「練馬こぶしハーフマラソン」です。それまでに左腿裏の凝りを何とかしないと。

※おまけ
 2月の奥多摩の山の中を走るので寒いかと思ったのですが、走ると結構暑くなり、帽子に塩が噴いてました。
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


第17回西東京市ロードレース

2017/02/26 21:11
大分時間が経ちましたが、2/11(土・祝)に開催された第17回西東京市ロードレースに参加しました。場所はこちらです。


 大会は最長が10kmの部で他に3kmの部と小学生/親子向けの1kmの部と地元重視(?)で、定員も10kmの部、3kmの部がそれぞれ200名とこじんまりしています。毎回10kmの部に参加しており、今年もいつも通り10kmの部にエントリーしました。

当日受付で、ゼッケンと参加賞をもらいます。
画像


開会式の様子です。3年後に東京オリンピックを控えているので、オリンピックのノボリが立っています。
画像


開会式が終わって、スタート地点に移動。シューズにリボン型の計測タグを付けます。
画像


10kmの部は申告タイムによって、2組に分かれてのウェーブスタート方式になってます。素直に申告タイムを自己ベストで申告したらスタート時間の早い組に割り当てられ、9:00にスタート。

※GPSウォッチでのコース実測結果です。周回部分は3周します。
画像


※コース沿いには梅がきれいに咲いていました。
画像


翌週に青梅マラソンが控えているので、記録を狙わずに青梅マラソンを意識してキロ6分ペースで走ろうと思ったのですが、やはり周りの選手のペースにつられてしまい、結果は51分58秒。後5秒速くゴールしていれば自己ベストでした。多分、梅の写真を撮ってなかったら自己ベスト更新できてたなぁ...。
画像


※ゴール風景です。こじんまりとした大会なので、ほのぼのとしています。
画像


次の大会は、この冬のシーズンのメインイベントである、青梅マラソンです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


第36回フロストバイトロードレース

2017/01/22 23:12
1/15(日)に横田基地で行われたフロストバイトロードレースに参加してきました。大会の場所はこちら。


この大会のキーワードは「アメリカン(American)」。横田基地に入るには、写真付きの公的な身分証明書(パスポート、運転免許証、写真付き住民基本台帳カード、マイナンバーカードの何れか)が必要です。何といっても行先は「U.S.A」ですから。
画像

画像


無事、会場内に入場。今回もFacebookのRun友が先乗りしてテントを張っているとの事だったので、テントを探し無事合流。
画像

Run友と集合写真
画像

Run友とシューズ円陣
画像


大会のスタート地点とゴール地点
画像

この大会の名物「Zumba」で準備体操
画像

会場内の屋台で買ったハンバーガー。ハンバーグをバンズで挟んだだけ、というシンプルなものですが、結構おいしいです。
画像


午前11時にハーフマラソンの部がスタート
画像

コースの大半は滑走路沿いです。それゆえ、この景色を雄大と見るか殺風景と見るかが、その人次第。
画像

米軍基地の方たちも応援してくれます。
画像


GPSウォッチで実際に走ったコースを計測するとこんな感じです。
画像

今回のタイムはこんな感じです。2時間切れるかなと思いましたが、中々超えられません。
画像

今回の参加賞のトレーナー。これが結構人気らしいです。
画像
画像


次回の大会は2月に入って地元の10kmレースに出場し、その後青梅マラソンに参戦です。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


第38回小金井元旦ロードレース

2017/01/07 23:02
今年も元日早々から、小金井公園で行われた「小金井元旦ロードレース」の10kmの部に参加して走って来ました。場所がこちら。


元旦の話なので、先ずは初日の出の光景を我が家の屋上から拝みました。
画像

反対方向には、朝焼けに照らされた富士山が見えます。
画像


今年も遠方からFacebookのRun友が参加するので、公園入口際の駐車場で待ち合わせし、その後皆でシューズ円陣。今回は、正月だしお祭りFunRun気分で走りたいと思い、ランニングシューズでは無くビーチサンダルを改造して作ったワラーチを履いて出走。(赤枠の場所に注目)
画像

そして集合写真。
画像


コースは公園内を大回り5Kmを2周します。
画像


9時35分スタート。スタート直後は殆どのランナーが我先に、とスピードを上げて走っていきますが、こちらはワラーチ履いて走っており、タイムを追求するつもりはサラサラないので、「抜きたい人はドンドン抜いて下さい」ぐらいのつもりで至ってマイペース。でもその結果としてタイムは53分41秒。あれっ、ワラーチで走った割には結構速い。1時間ぐらいのつもりだったのに...。
画像


次回の大会は1/15(日)に横田基地で行われるフロストバイトレース(ハーフマラソンの部)です。この時はちゃんとシューズを履きますよ。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


多摩六都リレーマラソン2016

2016/12/31 08:09
12月23日(金・祝)に都立小金井公園で開催された「多摩六都リレーマラソン2016」に参加しました。場所はこちら。


この大会、名前の通りリレーなので一人では参加できず、4〜10人のチームを組む必要があります。昨年はFacebook上で参加を呼びかけた方がいて、それに便乗して参加をしましたが、今年は私が言い出しっぺでチームメンバーを募集したところ、6名集まりました。
 昨年集まったメンバーは初心者と経験者が半々で、メンバーの顔合わせも大会当日が初めてという状態でしたが、今回はほとんどがフルマラソン経験者です。中には本職のスポーツトレーナーの方もおり、その方の提案で、全員は集まれませんでしたが、大会前に練習会を行ったりして、何とか私を介して全員が事前に顔合わせをする事ができました。

開催日当日の小金井公園で見た朝焼けです。
画像


ランナーが集まったら、お約束(?)のシューズ円陣です。
画像


この大会は、会場となる小金井公園の一部を使用し、1周約1.85kmを23周(最初の1周だけ1.5km)を制限時間4時間以内で走ります。昨年は私が直前で風邪をひいてしまい、本来4周走るべき所を2周に減らしてもらった、という苦い思い出があったのですが、今年は言い出しっぺ=チームリーダーという事で、絶対に風邪をひく事はできません。外出後のうがい・手洗いや外出時のマスク着用からインフルエンザの予防接種まで、やれる限りの対策を講じたおかげか、無事風邪をひく事もなく今回は1.85km×4周=7.4kmを走る事ができました。

チームメンバーのたすきの受け渡しシーンです。
画像


チームのゴールシーンです。
画像


そして結果は3時間15分27秒というタイムでゴールする事ができました。今回の記録証はこちらです。因みに私が走った時のタイムは5、10、15、20番目のラップタイムです。前回よりは多少速いタイムです。
画像


普段、グループで走っている方は参加しやすいかと思いますが、一人で走っている方がこういう大会に参加しようとするとメンバー集めで苦労しそうですが、Facebookのおかげでメンバーが集められるなんて、本当に世の中便利になりましたね。

次回は、元旦に(引き続き)小金井公園で10kmレースです。

※余談
2016年12月現在、東京2020オリンピック・パラリンピックフラッグツアーの最中で、今回は大会旗が大会会場に飾られていましたので、写真を撮って来ました。
画像

画像

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


第27回所沢シティマラソン

2016/12/26 23:19
少し時間が経ちましたが、12月11日(日)に所沢市で開催された「第27回所沢シティマラソン」に参加しました。スタート/ゴール会場は西武プリンスドームです。場所はこちら。


当日は7時30分前に会場である西武プリンスドームに到着。
画像

画像

画像
画像


今回もFacebookで知り合ったM橋さんと会場内で待ち合わせをし、自己紹介の後で記念写真のシューズ円陣。でも2人だけなので円になってない...。
画像


開会式には西武ライオンズの選手もゲストとして挨拶。
画像

画像

8時45分にハーフマラソンの部がスタート
画像

この大会コースは私と相性がいいのか、過去2回参加した時のタイムが私のハーフマラソンの自己ベストと2ndベストタイムなので、今回もタイムを狙えるかと思ったのですが、前回のつくばマラソン以降走り込みの時間が思うように取れなかったため、今回は自己ベストを目指す事は諦め、その代わりにキロ6分30分ペースを維持して、確実に完走する事を頭に入れて走りました。

こちらはGPSウォッチで実測したコース図です。この大会の特色はコース後半にある早稲田大学キャンパス周辺の坂道の連続です。坂道好きにはたまらないと思います。
画像

早稲田大学キャンパス入口付近の像です。
画像

早稲田大学キャンパス入口に向かう坂道です。
画像

早稲田大学キャンパスの裏手の急坂の始まりです。
画像

早稲田大学キャンパスの坂道が終わると、狭山湖が見えます。
画像

Facebook仲間のS口さんが沿道の応援に来て、写真を撮ってくれました。
画像


練習不足感はありましたが、無事完走しました。タイムも2時間12分9秒とほぼ想定通りです。
画像


この後は地元でリレーマラソンに参加して、年内の大会は終了です。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


第36回つくばマラソン

2016/11/23 20:03
11/20(日)につくばマラソンに参加し、フルマラソンを走って来ました。会場となる筑波大学陸上競技場はこちらです。


 当日は朝5時過ぎの始発電車に乗り、秋葉原からつくばエクスプレスに乗り換えで最寄駅のつくば駅に到着。1つ手前の研究学園駅からシャトルバスに乗って会場まで行く手段もあるが、渋滞や混雑で結構時間がかかるらしいのと、つくば駅から会場まで徒歩30分前後ならウォーミングアップ代わりになると思い、つくば駅から徒歩で行く事にした。道がよく判らなかったが、有名な大会であるせいか、会場に向けて人の流れができているので、それに乗っかり無事に会場に到着。
画像
つくば駅入口です。
画像
会場までのコース沿いに大会のノボリがそこら中に立っていました。

 会場についたら、地元在住のFacebookのラン友から、テントを張って待っているとの連絡があったので、テントを見つけてラン友と合流。その後、他のFacebookのラン友と合流して記念撮影。
画像
ラン友恒例の記念撮影はシューズ円陣です。
画像
大会のゴールアーチです。
画像
紅葉もキレイに色づいています。

 記念撮影が終わったら、スタート時間まで少し時間があるので、トイレに行ったりストレッチしたりして準備を整えます。この大会はを自己申告した予想(目標)タイム別にスタート時間が分かれるウェーブスタート方式を採用しています。一番速いグループは9:00スタートだが、私は一番遅いグループで9:20スタート。

画像
スタート時はモヤがかかっていました。
画像
スタートライン付近のお立ち台に増田明美さんがいました。
画像
土浦市のゆるキャラ「つちまる」君です。

 今回は大会前に少し腰を痛めてしまい、直前の走り込みが十分でなかった事からPB更新は諦め、とにかく完走だけはしようと思い、コースの関門時間を考慮してペース配分表を作成しました。
画像

20kmまでは7.5分/kmペース、それ以降は8分/Kmペースで走り、余力があれば最後の2kmをペースアップして5時間30分前後のゴールを目論んでいました。
画像
GPSウォッチで実測した走行ルートです。
画像
後ろ姿ですが、ものまねアスリートのM高史さんもUSTREAM中継のレポータとして走ってました。また、前週のさいたま国際マラソンに出場した吉田香織さんが応援に来ていました。
画像
エイドで配給していた冷やしたブルーベリーです。

スタート時は少し抑えめに走ろうと、当初予定通りに7.5分/kmを意識していましたが、その内5時間目標のペースメーカーが前方に見え、このペースメーカーに付いて行っても問題無さそうに感じたので、10kmぐらいまではペースメーカーの後にくっ付いて走りました。それ以降はエイドでの水分や食事の補給で時間が取られた事から、ペースメーカーに追いかける事を諦め、GPSウォッチを頼りに8分/kmペースを維持して走ってましたが、30km過ぎで突然足が痙攣を起こしてしまい、走るのがままならなくなったために歩きモードに移行しました。この後は歩く速度を測りながら制限時間までに完走可能かどうかを計算した結果、ギリギリ間に合いそうと判断してとにかく歩き続けました。その結果がこちらです。
画像


15:20にゴール関門時間だったのに対して、最終的には15:08にゴール。過去出場したフルマラソンの大会の中では自己ワースト2位の記録です。30km過ぎで痙攣を起こした理由として考えられるのは、(1)直前の走り込み不足による筋持久力不足、(2)スタート時からゴールまでの間の気温上昇により汗をかき過ぎた事による体内のミネラルの欠乏でしょうか。それと今まではフルマラソンに出場する時は験担ぎでフルマラソンの大会のシャツを着て出場していたのですが、今回はハーフマラソンの大会のシャツだったので、ハーフの距離までしか効果が無かったか。(^_^;)

フルマラソン出場はシーズンに1回にしているので、リベンジは来シーズンに持ち越しです。そして次回の大会は所沢シティマラソン(ハーフ)でPB更新が目標です。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


第7回 富士・鳴沢紅葉ロードレース

2016/10/30 22:59
 10/23(日)、山梨県鳴沢村で開催された「富士・鳴沢紅葉ロードレース」のハーフマラソンの部に参加しました。場所はこちらです。

 朝5時に起きて、妻と一緒にマイカーに乗って中央高速にのり、途中の談合坂SAで朝食を取り、朝8時前に会場に到着。
画像
談合坂SAにて
画像
大会会場から見える富士山です。
画像
紅葉が始まっています。

画像
今回も大会アドバイザとして瀬古利彦さんが挨拶していました。
画像
今回は運良く瀬古さんと写真を撮らせてもらいました。
画像
計測チップをシューズに取り付け、準備完了。

午前10時にスタート。このコースはアップダウンが数多くあり結構厳しいですが、制限時間が実質3時間30分(13時30分までにゴールすれば計測対象)という事で、時間としては緩い方かと思います。また、コース途中で富士山を眺める事ができるのも、この大会の魅力の1つです。
画像
コースから見える富士山の光景その1
画像
コースから見える富士山の光景その2
画像
上り坂に向かいます。
画像
下り坂が急で注意しないと足を痛めます。
画像
コース途中にちらほらとモミジが色付いています。
画像
GPSウォッチで実測した、今回のコース図です。

今回は写真撮りや給水の時以外は止まったり歩く事が無かったおかげか、タイムは2時間9分59秒と、過去出場したタイムを上回る事ができました。

画像
ゴールした後はお蕎麦を頂きました。
画像
以前は参加賞に高原野菜をもらっていたのですが、今回は申込み時に数種類の賞品から選べるようになっていたので、ソーセージをもらいました。

参加人数が3000人前後と、こじんまりしていますが、景色もサービスも良いので、お気に入りの大会です。来年もスケジュールが合えば参加したいですね。
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


第11回日光杉並木マラソン&日光観光(その2)

2016/08/12 12:17
 8/7(日)、日光杉並木マラソンの日です。前夜祭でお世話になったカフェバー「珈茶話」のマスターが発起人になって、Facebookで知り合ったRun仲間が会場に集まって、シューズ円陣を組みました。
画像
会場となる東原中学校です。
画像
Run仲間が集まったら、お約束のシューズ円陣です。

今回は10kmの部にエントリーしました。コースの概略としては、凡そ片道5kmを往復するコースですが、前半は坂道を下っていきます。当然ながら後半5kmは上り坂になります。

画像
コースルート図(GPSによる実測結果)です。
画像
コース高低差図(GPSによる実測結果)です。

目標は55分以内で設定して、8時35分スタート。
画像

前半は下り基調なのでスピードが出やすいのですが、余りスピードを出し過ぎると足に負担がかかり、後半に影響する事を懸念し、気持ち抑えめに走っていました。
画像
ここが天国(下り)から地獄(上り)への折り返し地点
やはり上りになるとスピードも落ちますし、それなりに前半でエネルギーを消費するし、夏場で時間が経つうちに暑くなっていく事で更にスタミナを奪われていったようで、途中歩きが入ってしまいました。結果は1時間48秒でゴールで、10km大会では自己ワースト記録。うーん、やはり夏場のマラソンを舐めてました...。

大会が終わった後は、前日お世話になった「珈茶話」に再び来店。お目当ては日光天然氷を使ったかき氷とデコラテです。実は大会よりもこちらが目的だったりします。
画像
天然氷を使ったかき氷。シロップはトマトです。
画像
デコラテです。デザインはお猿さんを描いてもらいました。

私たち以外にも大会に参加したランナーの方がお店の大勢いらして、ランニング談義に花が咲きました。


次回の予定は、10月に山梨県鳴沢村で行われるハーフマラソンになります。久しぶりの参加なので楽しみです。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


続きを見る

トップへ

月別リンク

なべたか的MyBoom/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる